3月27日 阪神対中日 試合結果

マートンのサヨナラタイムリーヒットで2015年初戦を獲る

阪神タイガースの2015年シーズン初戦は5-4で阪神が勝利しました。
阪神は1-4と3点をリードされた8回、4番ゴメスの2点タイムリーツーベースなどで同点に追いつきます。そのまま延長戦に突入し10回、2アウト3塁から5番マートンがしぶとくショートの頭上に運びこれがレフトへのサヨナラタイムリーとなりました。2015年初戦をサヨナラで飾った阪神、開幕戦の勝利は2年ぶり、更にはサヨナラでの開幕戦勝利は2リーグ制以降では史上初と幸先の良いスタートが切れた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
中日 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 4 8 0
阪神 0 0 0 0 0 0 1 3 0 1x 5 9 0
勝利投手

[ 阪神 ]松田(1勝0敗0S)

敗戦投手

[ 中日 ]田島(0勝1敗0S)

セーブ
本塁打

ハイライト

コメントを残す