阪神タイガース 2014シーズン 野手OPSランキング

阪神タイガースの野手における2014年シーズンのOPS(出塁率+長打率)のランキングです。

選手名 試合数 打数 OPS
マートン 142 532 0.871
ゴメス 143 537 0.861
新井 良太 78 173 0.832
鳥谷 敬 144 550 0.821
関本 賢太郎 63 50 0.815
上本 博紀 131 515 0.758
緒方 凌介 28 57 0.744
伊藤 隼太 52 119 0.743
狩野 恵輔 12 24 0.738
西岡 剛 24 38 0.724
福留 孝介 104 312 0.714
今成 亮太 115 332 0.643
新井 貴浩 94 176 0.639
大和 121 398 0.637
梅野 隆太郎 92 249 0.581
坂 克彦 88 63 0.561
俊介 87 102 0.558
藤井 彰人 34 65 0.550
田上 健一 51 39 0.542
鶴岡 一成 77 154 0.505
柴田 講平 27 39 0.405
清水 誉 26 28 0.337
荒木 郁也 15 8 0.250

ちなみに、一般的にはOPSは以下のような評価の基準となっています。

ランク 評価 OPSの範囲
A 素晴らしい .9000以上
B 非常に良い .8334 – .8999
C 良い .7667 – .8333
D .7000 – .7666
E 平均以下 .6334 – .6999
F 悪い .5667 – .6333
G 非常に悪い .5666以下

1位はマートン選手、2位ゴメス選手、3位新井良太選手となり、ベンチ(もしくはファーム)の機会が多かった新井良太選手は打撃の面から見るとスタメンに並んでいてほしい選手であるということがわかります。
怪我で思ったような出場機会に恵まれなかった新井良太選手ですが、ぜひ2015年はサードのレギュラーとして.280 25本 80打点くらい残してほしいものです。

コメントを残す