【過去動画】新庄の敬遠球サヨナラ安打

動画で振り返る阪神の歴史、第1弾は新庄選手の敬遠球サヨナラ安打です。

舞台は1999年6月12日の巨人戦、延長12回裏ランナー1,3塁で打席には新庄。当然巨人バッテリーは敬遠を選択し満塁策に打って出ました。しかしピッチャー槙原の敬遠球は敬遠にしてはそれほどコースを外しているのものではなかった。それを新庄が逃さずヒッティングに出ました。
若干バッターボックスから足が出ていたという指摘はありますが、新庄の打球は三遊間を抜けてレフト前ヒット。阪神はこの試合をサヨナラ勝ちで締めくくりました。

お立ち台ではファンの興奮が冷めやらぬ中、新庄は「明日も勝つ!」と高らかに宣言。しかし次の試合は敗戦となりました。
この新庄の「明日も勝つ!」発言には後日談もあり、同年9月の試合でもヒーローインタビューの際に「明日も勝つ!」と発言したもののチームはそこから12連敗。新庄が「明日も勝つ!」と言った次の試合はことごとく阪神が負けており、もう言ってほしくないというファンも多かった。

おまけ

コメントを残す