六甲おろし(ろっこうおろし)の歌詞、動画

六甲おろしの歌詞

一、
六甲おろしに 颯爽と
蒼天翔る日輪の
青春の覇気 美しく
輝く我が名ぞ 阪神タイガース
オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ

二、
闘志溌剌 起つや今
熱血既すでに 敵を衝く
獣王の意気 高らかに
無敵の我等ぞ 阪神タイガース
オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ

三、
鉄腕強打 幾千度
鍛えてここに 甲子園
勝利に燃ゆる 栄冠は
輝く我等ぞ 阪神タイガース
オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ

お子様用の六甲おろしの歌詞

一、
ろっこうおろしに さっそうと
そうてんかける にちりんの
せんしゅんのはき うるわしく
かがやくわがなぞ はんしんタイガース
オウ オウ オウオウ はんしんタイガース フレ フレフレフレ

二、
とうしはつらつ たつやいま
ねっけつすでに てきをつく
じゅうおうのいき たからかに
むてきのわれらぞ はんしんタイガース
オウ オウ オウオウ はんしんタイガース フレ フレフレフレ

三、
てつわんきょうだ いくちたび
きたえてここに こうしえん
しょうりにもゆる えいかんは
かがやくわれらぞ はんしんタイガース
オウ オウ オウオウ はんしんタイガース フレ フレフレフレ

概要

『阪神タイガースの歌』、通称『六甲颪』は、プロ野球のセ・リーグに所属する阪神タイガースの球団歌です。作詞は佐藤惣之助、作曲は古関裕而。
現存する日本野球機構(NPB)12球団の球団歌において最古の楽曲です。

1935年(昭和10年)の大阪タイガース創立に合わせて作られました。
点数が入った時や、7回攻撃前、試合に勝った際など様々な場面で歌われることが多い球団歌です。

六甲おろしの意味

六甲おろしとは六甲山系より吹き降ろす山颪(冬季に山や丘から吹き下ろしてくる風の呼称)をさしています。

六甲おろしのカバー一覧

オマリーの六甲おろし
水樹奈々 Charの六甲おろし
山本彩 NMB48

応援歌一覧

関連コンテンツ